捜索願届出後の警察の対応

警察の捜索活動とは?

投稿日:

捜索願(行方不明者届)の記載内容から「特異行方不明者」として認定された場合、事件性があるものとして、警察の捜索活動が開始されます。

まずは事情聴取から

行方不明者に関するより詳しい情報を得るために、まずは関係者への事情聴取が行われます。事情聴取の対象となるのは、行方不明者の家族や親類、友人や知人、学校の同級生や職場の同僚などが考えられます。高齢者の場合、介護などの福祉担当者などからも事情聴取をするケースがあります。

緊急性の高さによっては公開捜査の実施

誘拐などの犯罪や事故や災害に巻き込まれた行方不明者の場合、緊急性の高さによっては公開捜査が実施されます。公開捜査では、テレビやインターネットメディアなどに顔写真を含む情報が公開され、有力な目撃者情報を募ることで、発見の手がかりとします。

血痕などが残されている場合は鑑識捜査も

行方不明となった現場に行方不明者の血痕や、持ち物などが残されていた場合、鑑識捜査を行うこともあります。

警察犬を使った捜査

行方不明者の足取りを追うために、行方不明者の遺留品などの匂いを頼りに、警察犬を使った捜査を実施することもあります。

探偵への依頼

警察の捜索活動以外にも、有料となってしまいますが、探偵に捜索を依頼することで、よりスピーディーな発見につながる可能性があります。探偵事務所の中には警察犬捜査を取り入れるなど、警察の捜査に勝るとも劣らないものも存在するためです。

特に大手の探偵事務所の場合、全国展開をしているところも少なくないことから、より精度の高い情報が集まる可能性があります。

-捜索願届出後の警察の対応

執筆者:

関連記事

一般家出人・失踪宣告書・捜索願不受理願届

捜索願(行方不明者届)を警察に提出したからといって、すべての行方不明者に対して積極的な捜索活動をするとは限りません。ほとんどの成人の家出人の場合、「一般家出人」に分類されるためです。 一般家出人に分類 …

特異行方不明者

警察に提出した捜索願(行方不明者届)の記載内容によっては、「特異行方不明者」に分類されます。一般家出人と異なり、事件性があると認められるため、警察の積極的な捜索活動が期待できるようになります。 6種類 …