捜索願(行方不明者届)の届出

捜索願(行方不明者届)について①

投稿日:2017年11月7日 更新日:

捜索願とは、家族などが家出して行方不明となっている際に、警察に届出をすることで、発見のための協力をしてもらうための書類です。捜索願は、2010年の「行方不明者発見活動に関する規則」が施行されてからは、「行方不明者届」と名前が変更されています。

捜索願(行方不明者届)の届出が可能な人

捜索願(行方不明者届)は、誰でも届出ができる訳ではありません。捜索願(行方不明者届)の届出が可能となるのは次のような人たちです。

1.親権者

行方不明者となった子供の親など、親権を持つ者のことです。

2.配偶者

行方不明者の妻や夫や子供が該当します。

3.親族・監護者

行方不明者の親族や後継人、監護者に当たる人です。

4.福祉に関する事務に従事する人

行方不明者の介護の担当者などが該当します。

5.同居人

内縁の妻など、入籍はされていないものの、行方不明者と住居を共にしている人のことをいいます。

6.恋人

婚約者などの行方不明者と恋愛関係となっている人です。

7.行方不明者の雇用人

行方不明者が事業などを営んでいる場合、社員や従業員がそれに該当します。

8.行方不明者と親密な関係にある者

行方不明者の友人や職場の同僚などです。

捜索願(行方不明者届)はどこに届出すればいい?

捜索願(行方不明者届)は、行方不明者の住所がある管轄の警察署か、行方不明となった場所のある管轄の警察署に届出することが条件となっています。他には、親権者などの住所のある管轄の警察署への届出も可能です。

当サイトのコンテンツは人探し探偵サイトを参考に執筆しております。

-捜索願(行方不明者届)の届出

執筆者:

関連記事

捜索願(行方不明者届)について②

「捜索願(行方不明者届)について①」では、「捜索願(行方不明者届)の届出が可能な人」と「捜索願(行方不明者届)の届出先」を紹介しました。こちらの②では、①に引き続き、捜索願(行方不明者届)について解説 …